甘えたいなること逃げるみーたろう

なるこさんの好きな部位。

それは額。

体を触っていると、額をおしつけてきます、おしつけるというより勢いはヘッドバッド。

額触られるのも大好きみたいで、手を顔に近づけると、額を差し出します。

これって猫によって違うんですよね。

上から手を持ってこられるのを極端に嫌がる子。

後ろから手を近づけてあげないとダメな子。

なるこは前からでも全然平気みたいです。

むしろ好きなのかな?

 

そんななるこさん。

先住猫にもヘッドバッド。

特にみーたろうがお気に入りのようです。

♀同士で共感がわくのか、はたまた母親代わりで甘えたいのか。

みーたろうを外に出してあげると、近くによっていってヘッドバッド。

みーたろうさん逃げます。

子猫をどう扱ってよいモノかわからないのか、母親代わりなんてごめんだよーという意思の表れなのか、はたまた甘えられるのに慣れていないのか。

 

みーたろう、しろっぺとのやり取りを見ていると割と攻撃的な性格かなー、いきなりなるこしばいたりしないかなーって心配だったんですけども、その心配はなさそう。

もう少し打ち解ければ、2匹そろって寝てる光景とかも見られるようになるのかな。

ツーショットの写真を撮れる日がくるのを楽しみに待っています。

なるこ慣れる

もっと時間かかるかなーって思ってたのですが、なるこさん。

触っても嫌がらなくなりました。

喉ゴロゴロは鳴らさないのですが、背中さすったり、おでこ触ったりしてもリラックス。今では喉を触ると頬をすりつけてマーキング。

 

ケージ越しに、しろっぺ&みーたろう相手に威嚇することもなくなったので、試しに4匹共演させてみることに。

みーたろうとの相性どうだろなー?って心配してたのですが、あっさり馴染み。

ぺろぺろと体を舐めあいした後、大運動会へ。

なるこもだいぶ、片足の動きに慣れてきたらしく、結構なスピードで駆け回ります。

 

この人懐っこさ、生来なのか、はたまたどこかで飼われていたのかも。

ともあれ、ホント可愛くて仕方ないですねー。

f:id:letdown_letton:20190520160647j:plain

 

なるこジャンプ

なるこさん、片足ないからあまりジャンプできないと思ってたんですね。

トイレの段差もキツイかなー?って低めのトイレにしたり気を使っていたんですけども。

どうも余計な気遣いだったようで。

 

今、基本的に小屋の中にしろっぺ&みーたろう。外にじょーたろう&なるこという配置にしています。

なるこさん、どうもご飯が気に入らないらしく。

じょーたろうのご飯にやたらと食いつくんですよね。

ねこはぐはオールライフステージなので子猫が食べても大丈夫なんですけども、子猫には子猫用のキトンフードで栄養とってほしいなーって。

そこで、じょーたろうのご飯を椅子の上に置いて、なるこのご飯は下に置いて、っていう感じでご飯あげていたんですけども。

 

自分が部屋の中にいる間は、特に動かないんですけれど、目を離したすきに椅子の上に飛び乗っているなるこさん。

目が合うと「バレた」っていう顔をしてダッシュで飛び降り逃げます。

椅子くらいだと片足でもジャンプできちゃうんですねえ、猫すごい。

 

ともあれ、じょーたろうのご飯を椅子の上に置く作戦は失敗。

ご飯の間だけでもケージを閉じて隔離して、ご飯終わったら置き餌しないできちんと回収したほうがよさげですね。

 

ともあれ、なるこさんがしっかり回復してきているのは良いことです。

もう4か月過ぎてると思うので、ここからは太らせないようにカロリー調整しっかりしてあげないと。

なるこのトイレ事情

なるこさん、ペットシーツの上でしか用を足さないんですよね。

どこででもするわけではないので、そこは安心なんですけども。

 

普段いる場所とは違う場所にケージ置いて、そこにペットシーツ敷いてトイレ代わりにしています。

いわゆる猫用のトイレ、いろいろと試しているのですが今のとこ効果なし。

 

動物病院にいたころからも砂を嫌がってペットシーツ使ってたらしく。

片足ないからかきづらいのかも?

その割にはペットシーツ綺麗に丸めてるんですけどね。

 

用を足した場所は、なるべく臭い残らないようにキレイにして、うんちも砂のあるトイレに持って行ったりして「ここでするんやでー」って教えてるんですけども、うまくいかない。

砂もいろんな種類使っているんですけど、どれもお気に召さないらしく。

以前、ペットシーツ敷かないでトイレだけ用意して半日くらい様子見たんですけども、ずっと我慢してたらしく。

ペットシーツ敷いてあげると、ダッシュでむかって、たまっていたものを放出しておりました。

 

野良出身だから砂が嫌いとかはないと思うんですけどねえ。シーツの感触が気に入ったのか、そこでするもんだと思い込んじゃってるのか。

まあ、いろいろと試してみようと思います。

 

ちなみに他の猫のトイレ事情

  • じょーたろう:小はトイレの前、大はトイレの中で。小はペットシーツでカバー。ちなみに大は砂かけません
  • しろっぺ:めちゃ綺麗好き。砂がいっぱいないと怒る。ほかの人のうんちも砂かけてかくしていくスタイル
  • みーたろう:普通の猫っぽい感じ。小も大も砂をかける。他人のモノは気にならない

三者三様のトイレ事情。なるこは誰に似るのか。みーたろうに似てくれるといいなあ

デンタルケアァ

うちの猫さん方。

今までいろいろとデンタルケア製品使ってみてたのですが、どれも受け付けず。

例えば、スーパーで衝動買いしたコチラ

f:id:letdown_letton:20190512183941j:plain

おやつとか猫グッズで有名なドギーマンのデンタルケアグッズ。

かつお味でスティック状とか最強じゃね?と購入したものの、クンクン臭いを嗅いだ後、そっぽを向いてしまいます。

じょうしろみー3匹そろって同じ反応。

他にもいろいろと試してたのですが、まったく反応しない。まあ、歯磨きしてあげればいいかなーってずっと放置してたんですよね。

 

ちなみに、みーたろうにはピュリナワンのFLUTHケアあげてるんですけど、コレ定期便で買ってます。20%OFFのお得感ぱねえ。

今回注文するときに、じょーさんの口臭気になりまして。

今回定期注文するときに、ピュリナワンのデンタルケアもダメ元で追加してみたんですね。

f:id:letdown_letton:20190512184355j:plain

ちなみにこちらネスレ通販限定商品らしいです。

まあ、限定とかは割とどうでもよくて、そもそも食べてくれないとお話にならないと。

で、あげてみたところ、

 

食べるううううう

 

しかもモリモリ食べます。じょうしろみーのうち、じょーたろうとしろっぺはお気に召したようで、めちゃ食べます。

特に、これ以上歯を悪化させたくなかったじょーさんが食べてくれたのはうれしい。

しかしながら、みーたろうにはイマイチだったようで。

まあ味は2種類あり、サーモン味に食いついてくれればラッキーくらいの気持ちでいましょう。

 

フード同様にデンタルケアも猫の好みってあるんですねえ

お値段のほうは若干お高いです。

1袋51gで257円。

カロリーは1粒あたり1.3kカロリーなので、カロリーコントロールへの影響は、あまり考えなくてもよさそうですね。

デンタルケアに困っている飼い主さんは、一度試してみる価値ありかもですYO。

そういえばじょーさんですが

以前、口臭がすることから歯のトラブルが疑われていたじょーさん。

動物病院、なかなか予約することができず、結局GW明けに連れていくことになりました。

 

その間の行動として、

  1. やっぱり口が臭い
  2. ナイロンをはむはむするようになる
  3. やたらとお水を飲む

1と2を見ると、歯垢とか歯石、はたまた口内炎とかが疑われるんですけども、怖いなーって思うのが3。

下手すると腎臓障害?なんてヤキモキしていました。

ともあれ、素人がいろいろ考えたところで結論は出ませんので、ナイロンはなるべく身の回りにおかないようにする(食べちゃうと困るので)。

腕枕してるときは、なんか痛みを忘れてるっぽいので、腕枕せがんできたらすぐにしてあげる、といったことをしてました。

 

そして動物病院へ

 

結果は…

 

軽度の口内炎でした\( 'ω')/

 

歯石がややたまってきているとのことでしたので、若ければ全身麻酔して取り除くことも考えられるのですが、じょーさんもうお爺ちゃん。

なので、投薬で細菌を殺す方向で対処。

 

ともあれ、大事なくて良かったです。

歯の痛みがなくなったことで食欲が出て、メタボらないようにカロリーコントロール気をつけないとですね。

これくらいならうれしい悩み。

なるこ遊ぶの巻

なるこの手の傷がだいぶ癒えてきたっぽいので、ちょっと遊んでみることに。

使ったのはコチラ

f:id:letdown_letton:20190507180513j:plain

みーたろうとしろっぺに使うと、マッハで毛を刈り取られるかわいそうな棒。

まだ毛が残っていたので、なるこに使ってみることに。

 

人と遊ぶことに慣れていないのか、まだ体がうまく動かせないのか

最初の5分くらいは、じーっと見つめるだけだったのですが

 

猫パンチ

 

一発繰り出すと感覚が戻ってきたのか、猫パンチ連打。なんだー遊べるじゃん。

何系が好きなのか好みがわからないので、ボールやらいろいろと買ってきて試してみようと思います。

 

片足ないとはいえ、やっぱり子猫は元気がありあまっているはず。

とはいえ、無理させすぎて体調崩すのもアレですので、様子見ながら一緒に過ごす時間を増やしていこうと思います。